降雪地域にお住まいではない方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、屋根からの落雪は雨樋やカーポートの破損など思わぬ事故を引き起こす可能性があります。あまり雪が降らない地域でも数年に一度は大雪が降ることもあります。思いがけないリスクを抑えるためにも、屋根のリフォームの際に雪止め金具の設置を考えると良いでしょう。

屋根の雪止めとは?

屋根に積もった雪が落下しないように止めるのが雪止めです。
軒先付近にある瓦やスレートなどに取り付けられています。

雪止めがないと屋根に積もった雪はそのまま下に落ちてしまいます。
雨樋が変形や破損してしまったり、お家によってはカーポートや車に被害が出てしまいます。
最悪の場合、隣家に迷惑が掛かってしまい思わぬトラブルに発展してしまう場合もあります。

雪止めが必要になる地域

雪止めは北海道や東北地方など、毎年大雪が降る地域で必要になると思われるかもしれません。
しかし実際は降雪量が多い地域は逆に雪止めを設置しているお家はほとんどありません。

北海道などの豪雪地域では、屋根に積もる雪が何十トンもの重さになることがあります。
そのため、雪止め金具では雪の滑落を止めることができず、金具を取り付けてもすぐに曲がってしまったりするからです。
また、屋根の雪下ろしは屋根の上に雪を滑らせながら行うので、その際に雪止めが逆に邪魔になって雪を下せなくなってしまうこともあります。

このような理由から豪雪地域においては雪止め金具を取り付けることはあまり向いていないと言えます。

雪止めの取付け

雪止め取付け

冬場、積雪が頻繁にある地域では屋根の施工時に取り付けるのが基本ですが、瓦屋根やカラーベスト屋根の場合、雪止めを後付けすることも可能です。雪止めにも様々な種類が存在するので、それぞれの屋根にあった雪止めを選び、施工します。

雪止めを取り付けることは簡単なのですが、施工方法が間違っていると雪止め金具ごと落雪してしまう恐れがあります。

大雪が屋根から落ちてくるだけでも恐ろしいのに、その雪の中に金属の部品が含まれていると大事になりかねません。
また、いい加減な施工だと最悪の場合雨漏りが起きてしまうパターンもあります。
雪止め金具を業者さんに施工してもらう場合は、施工実績が多く信頼できる業者さんに依頼するようにしましょう。

雪止めのいらない屋根

デクラ表面

数ある屋根材の中でも雪止めのいらない屋根材も存在します。
屋根材の表面に小さい石の粒が施されており、表面に凹凸があります。
この凹凸が雪止めの役割を果たしており、屋根全面で雪を止めることが可能なのです。

屋根の雪止めに関する相談をしてみる

    お問合せ画像