このページでは悪徳屋根リフォーム業者に騙されないため、こういった業者がよく利用する代表的な手口をご紹介していきたいと思います。

住宅リフォーム業界は昔から悪徳訪問販売業者による消費者トラブルが多い業界として有名で、皆様の中にも「訪問販売=悪徳業者」というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?
もちろん、訪問販売形式の営業を行う業者全てが悪徳というわけではないのですが、消費者トラブルが多いのが訪問販売であることは間違いありませんので注意が必要です。

悪徳屋根リフォーム業者がよく利用する手口

現在、屋根の訪問販売に利用される手口は「指摘商法」と「点検商法」と呼ばれるものが非常に多いと言われています。点検商法に関しては、シロアリ駆除の悪徳訪問販売などでもよく利用されていましたが、屋根修理業界でも非常に有効な手段となっているのです。

屋根に関しては、住宅の中でも高所となるため、日常生活の中で目に入る事はほとんどありません。そのため、自宅の屋根がどのような状態になっているのか把握している方がほとんどいないというのが実情なのです。屋根修理の悪徳訪問販売ではこういった状況を利用し、「屋根材がずれていますよ」「板金が浮いていますよ」などと、屋根に何らかの不具合が生じていると指摘してくるのです。

無料点検をうたう

突然訪問してきた業者が「この地域を無料点検で周っていまして、今なら無料で屋根の点検を行いますよ」と声をかけてくるものが多いです。
上述したように、屋根の状態を把握している方は少ないので、「無料なら」と訪問してきた業者に点検を依頼するわけです。そうすると、屋根の上で撮影したという「屋根が破損した画像」を見せてきて、このまま放置すると大変なことになるので、修理した方が良いですよと言ってくるのです。
最悪の場合、屋根に何の問題もない場合、業者自ら屋根材を踏み抜いて割ってしまうなど、わざと破損させたうえで修理を勧めてくるといった場合もあるようです。こういった被害に合わないようにするためには、突然訪問してきた業者は、屋根にあげないようにするという対策です。

インターホン 怖い

定期点検をうたう

住宅は施工方法やデザインに特徴があるため、建築業に精通している人であれば、家を建てたハウスメーカーなどすぐにわかります。また、屋根材に関してもそれぞれに特徴があるため、どのメーカーの屋根材を使用しているのかが一目でわかるのです。
そのため、「○○のものです。定期点検に来ました。」などと、ハウスメーカーを装って住人の信用を取ろうとするのです。

他にも「屋根材メーカーの○○です。屋根材の釘に不備が見つかったので、弊社の屋根材を使用しているお宅を点検に周っています。」など、屋根材メーカーを装い訪問販売業者が活動していたという事例があるのです。こういった手口は無料点検を口実にするものと同じく、屋根に上がってからありもしない不具合を報告する、わざと破損させて修理を迫ってくるなど、屋根リフォームの詐欺に発展するのです。

覚えておきたいのは、ハウスメーカーの定期点検や、材料に何らかの不具合が見つかりリコールになった、などといった場合でも、メーカーの担当者が何の連絡もないまま突然訪問してくるなんてことはないということです。こういった場合、事前に連絡を取り合い、日程調整をしたうえでの訪問となりますので突然訪問してきた業者が何らかのメーカーを名乗った場合には要注意です。

近所で工事があるのでその挨拶に来た

近所で屋根リフォームを行う業者を装い、工事前の挨拶で周っていると訪問してくるものです。
そして「ついでなのでお宅の屋根も無料点検しましょうか?」などと声をかけてくるのです。

ご近所さんが工事を依頼した業者だと言われれば、それだけで信用してしまう人も多いです。そのため、何の疑問も持たずに屋根に上げてしまい、不具合を指摘されて工事を進められてしまうのです。
住宅リフォームの中でも、屋根のリフォームになると埃が出たり、音が出たり、トラックの出入りがあるなど、近隣に多大な影響を与えることになりますので、工事前に挨拶に周る業者がほとんどです。
悪徳業者はそういった点を悪用し近づいてくるのです。しかし、本物の屋根業者であれば、どの家で工事を行うのかも伝えてきますし、具体的にどういった影響を与える可能性があるのかを説明する程度で、無料点検の話をしてくるようなことはありません。

挨拶 業者

悪徳屋根リフォーム業者に騙されないためには

「無料」と言われても屋根にあげてはいけない

最も有効な対策としては、訪問販売業者がいくら「無料」で点検を行うと言っても屋根には上げないということです。普段屋根のメンテナンスを行っている方であれば、無料点検してもらえるならお得かな、と考えてつい点検を依頼してしまう可能性があります。
しかし、屋根に上げてしまうことで、何の問題もない状態なのに「壊されてしまう」なんてリスクもあるのです。こういった訪問販売業者に声をかけられて、屋根の状態が気になったのであれば、信用できそうな業者を自分で探し点検を依頼したほうが絶対に安心です。

別の業者にも点検してもらう

もし屋根に業者を上げてしまい、何らかの工事が必要だと言われた場合、どうすれば良いと思いますか?この場合でも、突然訪問してきた業者とその場で契約するのはNGです。
これは業者が提示する金額が適正なのか、本当に必要な工事を勧められているのかが分からないからです。実際にグッドやねにも「訪問販売業者に屋根工事が必要だと言われたのですが、点検だけしてもらえませんか?」といったお問い合わせは非常に増えています。そして、そういったお宅で現地調査をしてみたところ「全く何の問題もなく、工事の必要はない」という場合も少なくないのです。

専門業者を名乗る方から「屋根に問題があり、放置すると大変なことになる」などと言われると、焦って契約してしまう方も多いのですが、絶対にその場で契約するのではなく、セカンドオピニオンとして他の業者にも見てもらうようにしましょう。そうすれば「そもそも工事が必要なのか?」や、工事が必要な場合でも「適正な工事相場」が分かりますので、損をすることはなくなります。

屋根修理に関する相談をしてみる

    お問合せ画像