屋根材の中には塗装ができないものもあります。塗装不可能な代表的な屋根材として”パミール”というスレート屋根材があります。なぜ塗装ができないのか、このページではパミールの性質についてご紹介します。

パミールとは

築7年ほどで屋根材の表面が剥がれはじめ、十数年ほどでボロボロになってしまう、そのようなケースが多数報告されているのがニチハ株式会社が製造・販売していたパミールという屋根材です。
パミールは一般的にスレートと呼ばれる屋根材で1996~2008年まで販売されていました。このような問題を抱えている屋根材はどのようなメンテナンスを行っていけばよいのでしょうか。

スレートは現在、最も普及している屋根材で、パミール以外の一般的なスレート屋根はだいたい20~25年以上の耐久性があると言われています。パミールのメンテナンスは一般的なスレートと別に考えなくてはいけません。

毛細管現象による影響

パミール本体が毛細管現象で水を吸い上げる素材でできているため、屋根材を留めている釘もどんどん錆びていきます。錆がひどくなっていくと、釘がくびれてきたり、場合によっては釘の頭が取れてしまいます。ここまで釘が劣化すると屋根材本来の保持力はなくなり、簡単に風で飛んでしまいます。

釘がくびれている

劣化により釘が細くなっている状態

釘頭無し

劣化により釘頭がとれてしまっている釘

層間剝離(そうかんはくり)

層間剝離

パミールはミルフィーユのように薄い屋根材が何層にも重なっている屋根材で、築10数年経過すると、その表面がペリペリとめくれあがってきます。

塗装工事の場合、一番初めに行うのが高圧洗浄機による屋根洗浄なのですが、この段階でも表面がめくれてしまいます。
「塗装ができない」というのは決して塗れないというわけではありませんが、塗ったところでたちまち塗った表面がめくれてしまうので、「塗っても意味がない」というのが正しい表現かもしれません。

毛細管現象とは

毛細管現象

毛細管現象とは繊維と繊維のわずかな隙間を上下左右、重力の関係なく液体が浸透していく現象です。生活の中では万年筆の仕組みや、水に全て浸けていないタオルが広く濡れている現象も毛細管現象によるものです。これが屋根で起こるとルーフィングの繊維に水が染みわたり、野地板を濡らし雨漏りを起こすような結果を招いてしまいます。塗装工事を行ってから数年後に雨漏りを起こすというのは少なくありません。なぜなら、徐々に雨水が染みわたり野地板を通り天井にたどり着くまでに乾燥や雨染み作りの繰り返しが行われているためです。

雨が降らなければ気付きませんし、大雨後に気付き、その時点で屋根塗装のせいではないと勘違いが起きる為、原因が分からないケースもございます。

ご自宅がスレート屋根という方はまず確認!

自宅の屋根にスレート屋根が使われていることを知っていても、その屋根材の製造・販売メーカーまではわからないという方も多いのではないでしょうか。そういった方は一度、図面等で”メーカーと製品名”をご確認ください。現在ニチハはスレートを生産していないので、他のメーカーのものでしたら安心できると思います。しかし中には図面の記載が「スレート葺き」としか書かれていなかったり、いい加減ということもありますので、気を付けなくてはいけません。ご自宅の屋根材が不明だったり、心配だという方はグッドやねに声をかけていただければと思います。

パミールの最適なメンテナンス方法

普通のスレート屋根の場合、屋根塗装によって寿命を延ばすことができますが、パミールの場合は不可能です。塗装工事を行っても、塗膜ではなく屋根材自体が剥離していきますので、メンテナンスにはなりません。選択肢としては”屋根重ね張り工事”か”屋根葺き替え工事”になります。

費用対効果を考えれば、屋根葺き替え工事よりも屋根重ね張り工事ということになるのですが、パミールは屋根葺き替え工事でも以外とリーズナブルになります。パミールはノンアスベストの屋根材です。同じスレート屋根でもアスベスト入りの屋根材では解体、処分費が高くなってしまいますが、パミールはそこまでかかりません。

屋根重ね張り工事を選択した場合、今後数十年は安心です。屋根葺き替え工事を選択した場合、その安心して過ごせる期間はさらに長くなります♪屋根重ね張り工事はこれまでの屋根を解体しないため、解体費や処分費がかからないのが大きなメリットになります。

塗装できない屋根について相談してみる

    お問合せ画像