普段気にすることのない雨樋ですが、実はお家の大切なパーツの1つです。

雨樋は集水器(軒樋と竪樋をつなぐ部材)に向かって水が流れるように勾配をつけて取り付けてありますが、強風や大雪の被害で破損したり変形してしまうと、水が集水器に流れなくなり、雨水が溜まってしまいオーバーフローの原因になったり、コケやカブが発生してしまう原因にもなります。

また、雨樋から直接地面に水が落ちてしまうと、地面から跳ね返った雨水がお家の躯体を傷めてしまったり、近所迷惑になることもあります。

特に雪の災害では、雪が溶けるまでに過重がかかり続けるために雨樋が変形してしまい、雨樋本来の役目が出来なくなってしまうことも多いのです。

雪が原因で破損する雨樋

屋根に降り積もる雪で雨樋がなぜ破損してしまうのでしょうか。

日本海側や標高が高い地域だと、冬場は屋根に大量の雪が積もるところもあります。こういった屋根に積もる雪はお家に様々な影響を与えてしまう恐れがあります。例えば、雪の重量によって屋根材が割れてしまったり、雪解け水が屋根に内部に侵入し続けて屋根の下地を傷めてしまったり、屋根に直接被害を生じさせてしまうことも少なくありません。そのため降雪地域のお家では、雪に強いと言われる金属屋根を採用したり、雪止めなどの積雪対策が屋根に施されます。

しかし、真冬になってもそこまで雪が降らない地域になると、屋根の雪対策を考えずにお家が建てられるのが普通です。さらに近年では真夏の最高気温も更新されるほど猛暑化が進んでいるということもあり、どちらかと言えば夏場をどうやって涼しく過ごすか、という視点でお家が作られる傾向が強くなっていると言われています。

こういった地域でも冬場、屋根に雪が積もることはないかと言われればそうでもありません。実際数年に1度くらいにはなりますが、大量の雪が降ることもあり、屋根に雪が積もることも考えられるのです。こういったときに何の積雪対策もされていないことから、積雪が原因で雨樋の破損などが起こってしまうのです。

雪による被害を受けた雨樋

雨樋変形

雪の重みで変形してしまった雨樋

雨樋破損2

完全に外れてしまい落ちてきた雨樋

雨樋破損3

雪の重みで大きく変形してしまった雨樋

雨樋破損4

角の部分が破損してしまった雨樋

雨樋が破損しても気にならなければ修理しなくても良い?

雨樋

積雪によって雨樋が変形、破損してしまったときの対処なのですが、結論から言うと「業者の方へ連絡してすぐ修理」してもらうようにしましょう。

雨樋というのは「屋根から伝ってくる水を適切に排水するために取り付けられるもの」であり、重要な部材のひとつです。しかし、一見なくてもよさそうに見える部品であることから、気にならなければ破損してもそのままにしてしまうという方が非常に多いように思います。

皆さんに覚えておいてほしいのは、雨樋に何らかの不具合が生じてしまうと、雨水を適切に処理できなくなってしまうことから、雨漏りを含むお家のトラブルの原因になってしまうリスクがあるということです。お家を保護するための大切な部品となりますので、小さな破損などの場合でも、業者さんに連絡して修理してもらってください。

最近では、ホームセンターにも雨樋の本体、部品が多く販売されています。自分で修理できると考えてみえる方も多いのですが、あまりオススメできません。雨樋は勾配不良や小さな劣化による雨漏りなど、一般の方では気付くことができない不具合も少なくありません。従って、修理したと思っても、その修理が適切な処理でなく、知らないうちに雨漏りが起きてしまう、ということもありますので注意が必要です。

火災保険で雨樋修理

屋根からの落雪や、強風によって雨樋が破損した場合、火災保険を使っての修理が可能です。

ただし、注意しなければならないことがあります。
平成15年までに契約した火災保険のほとんどが「風災・雪災・雹災」はセットで補償されていました。

しかし、新しいタイプの火災保険では必要のない災害補償は自分で外せるタイプの火災保険も登場しているため、雪の少ない地域では雪災補償を外してしまっているという可能性もあります。
もう一度保険契約の内容を確認してみてください。

まとめ

雪があまり降らない地域に住んでいる方であれば、屋根に雪が降り積もるという経験も少ないため、屋根の雪対策などの考えたことがないという方がほとんどだと思います。しかし、どんな地域でも数年に一度大雪が屋根に積もることもありますので、屋根の積雪対策意識は持っておいた方が良いと思います。

特に屋根に雪が積もることで雨樋が壊れるなんてことが想像もつかない、という方も見えます。
雨樋に関しては強風などによって破損してしまうこともありますので、台風などのあとは点検しておくことをオススメします。

雪で壊れた雨樋について相談してみる

    お問合せ画像