屋根にもシンプルな形から複雑な形まで、様々な形状があります。屋根の工事をする際に、平米数が同じだったとしても屋根の形状によって使う部材の数が変わってきますので、金額にも少し差が出てきます。

自宅の屋根の形状を知ることで、その特徴を把握し、どういったメリット・デメリットがあるのか知っておいて損はないと思います。

切妻(きりづま・きりつま)

切妻

一番オーソドックスかつシンプルな八の字型の屋根です。

メリット:シンプルな形のため、工事が比較的簡単で雨漏りのリスクも少なく、屋根裏のスペースが広く確保できるので換気性も良いです。
デメリット:立地にもよりますが、太陽光パネルを設置したとしても発電効率が悪い場合があります。

片流れ

片流れ

上述の切妻が八の字とするなら、ノの字のような形状が片流れになります。
切妻と同じくシンプルな形で、近年建てられる新築のお家の屋根はこの形状が多いように思います。

メリット:シンプルな形のため、工事が比較的簡単で雨漏りのリスクが少なく、屋根裏のスペースも広く確保できるので換気性も良いです。
デメリット:屋根の1面に雨水が集中してしまうため、雨樋の詰まりが起こりやすいです。屋根の斜面と逆側は外壁が雨風の影響を受けやすく、外壁が劣化しやすくなります。

寄棟(よせむね)

寄棟

切妻と同じくらい多い屋根の形状で、4つの面で構成されています。
屋根の頂点である「棟」から屋根の隅に向かって「隅棟」が伸びているのが特徴です。

メリット:屋根を4方向から支えているため、一番耐風性があります。
デメリット:「棟」と「隅棟」の取り合い部分が繋ぎ目になっており、繋ぎ目のコーキングが劣化しやすいので定期的な点検が必要になります。コーキングが劣化してくると雨漏りに繋がる恐れがあります。

方形(ほうぎょう)

方形

方形屋根は寄棟と同じく4つの面で構成されているのですが、寄棟とは違い「棟」が存在しません。
方形の場合は頂点が「線」ではなく「点」になります。

メリット:屋根を4方向から支えているため、一番耐風性があります。
デメリット:屋根の面が全て三角形になるので、太陽光パネルの設置には向いていません。

入母屋(いりもや)

入母屋

入母屋は切妻と寄棟を組み合わせたような形状の屋根です。田舎のお家によく見かける形かもしれません。

メリット:屋根の面が多いので、雨樋のトラブルが発生しにくいです。また、屋根裏の通気性も優れています。
デメリット:屋根の形が複雑で接合部分が多いため、定期的なメンテナンスを行わないと防水面での欠陥が起きやすいです。

陸屋根(りくやね・ろくやね)

陸屋根

上述の屋根とは違い、ほとんど勾配のない平らな屋根です。
屋根材と使用せず、塗料によるウレタン防水や、シート防水による防水層で構成される屋根です。

メリット:ベランダのように人が歩くことが出来、屋根のお手入れも簡単で劣化に気付きやすいです。
デメリット:ほぼ傾斜がないので水が溜まりやすく、しっかりお手入れをしないと防水層の劣化が早まってしまいます。

腰折れ屋根(こしおれやね)

腰折れ屋根

切妻と似ている形状ですが、屋根の勾配が途中で急になる形状の屋根です。マンサード屋根とも呼ばれています。

メリット:水はけの効率が良いため、コケやカビが発生しにくいです。
デメリット:屋根の傾斜が変わる繋ぎ目の雨仕舞処理が悪い雨漏りが起きやすいです。

屋根の形まとめ

屋根の形状によってそれぞれ異なったメリット・デメリットがあります。

自宅のどの部分が劣化しやすいか、どこから雨漏りが起きやすいかを知っていれば、屋根を見る目も変わってくるのではないでしょうか。
立地によっては自宅の屋根が見えにくい方もいらっしゃると思いますので、気になる方は信頼できる業者の方に点検を依頼するのも良いかもしれません。

屋根に関する相談をしてみる

    お問合せ画像