今まで雨漏りなんてしていなかったのに、屋根塗装工事が終わってから雨漏りが起き始めた!というケースがまれにあります。なぜ雨漏りは起きてしまったのでしょうか?このページでは屋根塗装後に起きる雨漏りの原因について説明します。

カラーベスト屋根の仕組み

カラーベスト屋根には屋根材と屋根材の重なりの部分に少し隙間が開いています。
これが何のために設けられているかというと、通気と水を排出するためです。普通の雨の場合、屋根材の下に雨水が侵入することはありませんが、横殴りの激しい雨の場合、屋根材の下に雨水が入り込んでしまうこともあります。この雨水や湿った空気を排出する出口として隙間が設けられているのです。

カラーベスト屋根断面図

屋根塗装には''縁切り''という工程が必要

カラーベスト屋根とはすごく薄いものです。屋根塗装を行うと、雨水の出口である隙間が塗料の厚みで埋まってしまいます。隙間が埋まってしまうと水が抜けなくなり、滞留してしまいます。溜まった雨水で防水紙が劣化し、毛細管現象で雨漏りを起こさないためにも「縁切り」といった屋根塗装後に隙間を設ける工程が大事になってきます。

縁切りがされていない屋根

毛細管現象とは

毛細管現象とは繊維と繊維のわずかな隙間を上下左右、重力の関係なく液体が浸透していく現象です。生活の中では万年筆の仕組みや、水に全て浸けていないタオルが広く濡れている現象も毛細管現象によるものです。これが屋根で起こるとルーフィングの繊維に水が染みわたり、野地板を濡らし雨漏りを起こすような結果を招いてしまいます。塗装工事を行ってから数年後に雨漏りを起こすというのは少なくありません。なぜなら、徐々に雨水が染みわたり野地板を通り天井にたどり着くまでに乾燥や雨染み作りの繰り返しが行われるためです。

雨が降らなければ気付きませんし、大雨後に気付き、その時点で屋根塗装のせいではないと勘違いが起きる為、原因が分からないケースもございます。

毛細管現象

屋根塗装による雨漏り事例

「屋根塗装工事を行ってから雨漏りするようになった」というお家で屋根葺き替え工事をさせていただくことになり、既存のカラーベスト屋根をめくると、中の下地が腐食していました。

縁切りが施されていなかったため、屋根の内部に雨水が溜まってしまい、防水シートもボロボロの状態でした。
屋根の一番先端部分(軒先)と屋根の面の一番端の部分(ケラバ)には特に雨水が溜まりやすく、腐食も起こりやすいです。

ケラバ腐食

スレート屋根に関する相談をしてみる

    お問合せ画像